勃起力に不満を感じる男性にオススメしたいのがED治療薬のレビトラです。レビトラはバイアグラより後に作られたED治療薬で、バイアグラより即効性が高いという特徴をもっています。他にも様々な種類のED治療薬があるので、あなたの身体に合ったものを見つけて服用してみませんか?また、中折れについてや女性の不感症についても解説します。

通販を利用するとレビトラジェネリックが豊富にある

ネット通販

今、日本では3大ED治療薬があります。
ED治療薬にはそれぞれに服用のタイミングや継続時間や食事の影響度合いなどの特徴があるので利用者によって効果的なものが違います。
この三つのED治療薬のなかでもレビトラは、継続時間が長いのが特徴です。
性行為のタイミングがつかめないときの効果を発揮し、服用から60分くらいで効果が表れます。
本来は医師の診断をもとに処方してもらうのが一般的ですが、保険適用外のため1錠あたり1500円と高価な買い物になってしまいます。

そこで試したいのが、レビトラのジェネリック医薬品を扱っている通販サイトです。
レビトラと同じ効果を発揮する医療薬ですが、単価比較をすると5分の1の価格で購入ができます。
通販サイトは、海外の薬を輸入して販売するサイトがほとんどです。
そのため、購入をする製品が本物であると確信できるサイトや安全性と信頼性がしっかりとしたサイトを選ぶことが大前提です。

レビトラのジェネリックにはジェビトラやバリフといったものがあります。
これらに含まれている有効成分がバルデナフィルと呼ばれるものですが、特許をとられたため規制を強いられています。
そのため、新たにレビトラジェネリックを製造することも考えられます。
法規制が厳しくなってくると、海外から輸入をする通販サイトでも在庫がなくなってくることが考えられます。
そのため、在庫が豊富にあるサイトを探したり、在庫が多いうちにストックをしておくといいでしょう。

レビトラは継続時間が長いため、薬をピルカッターで半分にしたりすれば調整することもできます。
残りの薬も高温多湿をさけて、空気にふれないように保存することで保管ができます。
あまりに古くなった場合には、安全性を考えて捨てるといいでしょう。
空気にふれないように容器にいれて、蓋をしておきましょう。
車のなかに長時間おいていたり、エアコンの風や直射日光があたらないところに保存するのがベストです。

1錠の用量が多い場合はピルカッターで調節する

ED治療薬の中でも人気が高いのがレビトラのジェネリック医薬品で、効果の持続時間が長く安く購入できるからです。
レビトラのジェネリック医薬品を扱っている通販サイトは人気が高く、同じ効果のあるレビトラを単価比較すると5分の1の価格で購入することができます。
ジェビトラやバリフが有名で、有効成分のバルデナフィルが大きな効果を発揮してくれるので法規制が厳しくなる前に通販サイトでストックをしておくのが賢明です。

医療機関でレビトラをもらう場合、医師は10mgと価格があまり変わらない20mgを処方します。
通販で個人輸入する時も大容量購入するのが普通で、1錠につき1割から2割程度高いだけなら20mgを半錠にして服用したほうがお得です。
個人輸入の通販サイトでレビトラのジェネリックを購入する際、錠剤を割るためのピルカッターをあわせて購入する人がほとんどです。
継続時間が長いので薬をピルカッターで半分にすると便利に調節することができます。
ただし個人輸入は完全に自己責任による購入になり、医師の処方なしで自由に購入できる代わりに自分にすべての責任が生じます。
そのため、個人輸入でレビトラを購入する場合は本物を見極めることが大切です。

レビトラのジェネリックを通販で購入した場合、自己判断で用量を増やすのはよくありませんが、減らす分には問題ありません。
EDの症状が軽くなってきたと感じ、1錠の用量では多いと思った時はピルカッターでカットして用量を減らしても大丈夫です。
最初は20mg飲んでいても軽症になったら10mgに変え、最終的には服用なしで性行為ができるように調整していくのが理想的です。
ピルカッターを使ってレビトラを半錠にしたり、1/4錠にしている人は意外と多く、そうすることでコストを抑えることもできます。
コストを抑えながらも同じ効果を得ることができるので、ピルカッターは有効に使用しましょう。