勃起力に不満を感じる男性にオススメしたいのがED治療薬のレビトラです。レビトラはバイアグラより後に作られたED治療薬で、バイアグラより即効性が高いという特徴をもっています。他にも様々な種類のED治療薬があるので、あなたの身体に合ったものを見つけて服用してみませんか?また、中折れについてや女性の不感症についても解説します。

飲酒をしてもレビトラを服用できる

お酒

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬であることから、多くのED患者から支持されていますが、飲酒については差し控えなければならないと考えている人が大半です。
基本的にどのような錠剤でも服用の際には水とともに飲み込みますが、お茶や白湯であれば全く問題がないことは広く知られているところです。
しかしながら、アルコールの場合は薬の有効成分によって、その作用が強く出てしまう可能性がありますから、その成分の特性を事前によく確認しておく必要があります。

その点、レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、アルコールによって作用に変化がないことが確認されています。
したがって、飲酒すること自体に問題はありません。
ただし、その量には十分に注意する必要があります。
簡単に言えば泥酔するほどの酒量を摂取すれば、効果が半減するどころか思わぬ副作用を引き起こしてしまうことがあります。

アルコールのメリットとしては、精神安定作用がありますから、気分をリラックスさせるという点でのプラスの効果があげられます。
特にEDの場合は精神状態によって症状が左右される上、レビトラを服用していることで「絶対に勃起させなければならない」といったプレッシャーがかかる場合も多々あります。
こういった緊張感を緩和させるには適度なアルコールが有効であり、リラックスすることでレビトラの効果を強く感じるケースも多々あります。

一方でデメリットとしては、アルコールには脳への神経伝達を鈍らせる作用があるということがあげられます。
レビトラは服用したからといって自然に勃起する薬ではなく、性的な刺激によってバルデナフィルが効果を発揮します。
生殖器抑制酵素の過剰分泌を阻止するものですから、脳への神経伝達が鈍くなると、必然的にレビトラが作用しなくなり勃起が不完全、もしくは全く男性器が反応しないといった事態になってしまいます。

ED患者はレビトラを服用することで、より神経が過敏になっているケースが多いことから、この状態が何度か続くと必然的にプレッシャーが強くなります。
思うように勃起しなければ焦ってしまい、レビトラの用量を増やしたり、24時間空けずに服用するなどの悪循環に陥ることもあります。
よって、アルコールのプラス面ばかりを考えるのではなく、自分にとっての適量のアルコール量を見極めることが大切です。

また、アルコールには血管拡張作用によって血行を促す効果がありますが、これはメリットにもデメリットにもなり得ます。
というのもレビトラと併用することで、血行がさらに良くなり勃起力が増すといったメリットがある反面、その効果が過剰に現れてしまうと、体内に急速にアルコールが巡ってしまい、急性アルコール中毒を引き起こすといったデメリットもあるからです。

さらに、飲酒が日課となっている人の場合、高血圧症や糖尿病を発症している場合もあり、こういった疾患が原因でEDを引き起こしている場合も少なくありません。
こういった疾患がある場合には、血管内に血栓が作られるなどのダメージがある場合が多く、アルコールとレビトラの血管拡張作用の相乗効果によって、血管が破裂するなどの恐れがありますから注意が必要です。
このように、アルコールによってレビトラの作用に大きな影響はなく、むしろリラックス効果を得るには有効であると考えられます。
アルコールを過剰摂取することで、それ自体が持っている脳への神経伝達速度の低下や血管拡張作用といった特性が、EDの症状を悪化させることを忘れてはなりません。

特に高血圧や糖尿病の恐れがある場合には、血管拡張作用によって急性アルコール中毒や血管破裂などを引き起こすリスクが生まれますから、何らかの疾患がある場合には医師に相談することが重要です。
また、アルコールと併用することのメリットを得るには、日頃から自分に最適なアルコールの量を見極め、レビトラを服用する際にはそれよりも少しセーブすることが大切です。